みんなの育毛ラボ ~抜け毛・薄毛に最適な育毛方法~

みんなの育毛ラボ
menu menu
menu menu
menu menu
menu menu
画像

女性用育毛サプリメントランキング

通常価格: 特別価格: コスパ:
¥6850 ¥5980(定期コース) 95点(100点中)
○効果は?
画像

マイナチュレサプリは薄毛や抜け毛に悩んでいる女性にとって最適なサプリメントと言えるでしょう。 ランキングなどでも常に上位をキープしてますし、当サイトに寄せられる口コミの数も群を抜いています。

その背景には、普段の生活では摂取できない育毛に有効な成分がたっぷり含まれているということが大きなポイントとして挙げられます。

○使用感は?
画像

実際にマイナチュレを使ってみて感じているのは「本当にサポートがしっかりしている」ということ。 返金保証制度はもちろんのこと、メールや電話で育毛について無料で相談できるなどの特典もあります。

こういったアフターサービスが充実しているのはマイナチュレの唯一無二のメリット。

○総合評価
画像

マイナチュレサプリが他のサプリメントと一線を画しているポイントとして挙げられるのは「育毛だけではない!」ということ。

美容や血行促進などについても効果を発揮してくれる「無添加のオールインワンサプリ」なのです。 これさえあれば、美容サプリなどを摂取する必要もありません。

女性にとっては本当にお得なアイテムですね。

画像
通常価格: 特別価格: コスパ:
¥4800 ¥3120(まとめ買いで) 91点(100点中)
○効果は?
画像

女性専用のサプリメントというわけではありませんが、十分に効果を実感することが出来るでしょう。 特に頭皮の血行促進には高い効果を示してくれます。

育毛剤や育毛シャンプーもポリピュアのものを組み合わせて使えば、相乗効果でかなり高い効き目が望めるはずです。 含有成分は下記のとおりです。

酵母エキス、チョウジ末、キクイモ果汁末、ワカメめかぶ末、亜鉛含有酵母、フィーバーフューエキス末、 ケラチン加水分解物末、キビ種子エキス末、ノコギリヤシ種子エキス末、大豆胚芽エキス末、ビール酵母 (原材料の一部に大豆を含む)、ブドウ新芽エキス末、ウコンエキス末、緑茶エキス末、結晶セルロース、 還元麦芽糖水飴末、微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、柿タンニン

○使用感は?
画像

飲みやすい打錠タイプなので、誰でも気軽に摂取することが出来そうです。
一日あたりの摂取目安は3粒から5粒。

一か月分である一袋あたりの内容量は150粒なので、
調子にあわせて飲む量を加減するのも一つの手段かもしれません。

○総合評価
画像

サプリメントも育毛剤と同じく「どれくらい吸収されるか」というのが大切なポイントになります。 ポリピュア ポリリンパワーEXはその点に関しても非常にしっかりと配慮されて開発されているサプリです。

また、育毛剤のポリピュアEXと組み合わせて使用するのもオススメ!

画像
通常価格: 特別価格: コスパ:
¥7800 ¥5000(まとめ買いで) 86点(100点中)
○効果は?
画像

ボストンは「ノコギリヤシ」という成分がメインに使用されています。
その他にもイソフラボンやコエンザイムQ10などが使用されており、
育毛だけではなく、身体全体をケアしてくれる効果が魅力です。

男性にも最適ですが、女性でも活用できるサプリメントと言えるでしょう。
含有成分としては下記が挙げられます。

ノコギリヤシ種子オイル、フィッシュコラーゲンペプチド、酵母(亜鉛含有)、大豆抽出物(イソフラボン含有)、 イチョウ葉エキス末、ケラチン加水分解物、酵母(銅含有)、ヒハツエキス末、ミレットエキス末、 フィーバーフューエキス末、コエンザイムQ10、メチルサルフォニルメタン、ゼラチン(被包材)、 サフラワー油、グリセリン(被包材)、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、糖転移ビタミンP、 L-シスチン、L-アルギニン、パントテン酸カルシウム、抽出ビタミンE、ビタミンB6、葉酸、L-リジン、ビタミンB12、 着色料(カラメル)(原材料の一部にゼラチン、大豆を含む)

○使用感は?
画像

髪の毛や身体に対する負担が非常に少ないというのがボストンの魅力の一つです。
香辛料であるカプサイシンが入っていないので、お腹を壊しやすいという方にもオススメできます。

デリケートな女性の身体にぴったりな安全性の高いアイテムと言えるでしょう。

○総合評価
画像

ボストンは食事の後に摂取するのが正しい服用方法なのだとか。
その点にもしっかりと気を付けて摂取することが出来れば効果もしっかりと感じることが出来るはずです。

ただし、マイナチュレなどのような組み合わせて使うアイテムが無いというのはデメリットかも。 いずれにしても「自分にぴったり」なアイテムを見つけるのが最善策です。

画像