みんなの育毛ラボ ~抜け毛・薄毛に最適な育毛方法~

みんなの育毛ラボ
menu menu
menu menu
menu menu
menu menu
画像

育毛に関するあくまでも個人的な見解

育毛を始めた頃は、とにかく力いっぱい洗髪をしていました。
毛穴の脂分が育毛の敵であると聞いていたからです。
毛穴に脂分が詰まっていれば育毛剤も浸透せず、効果が得られないと聞いたからです。
そんななか、毛穴の脂分と抜け毛が関係ないという意見を耳にしたのです。
昔の人は何日も髪を洗わなかったのに、今よりも薄毛の人は少なかったという説です。
そういわれてみればそのような気もします。
確かにほんの少し前まで毎日風呂に入る人の方が少なかったでしょう。
世界のあちらこちらには今も、原始的な生活を続けている人もいますが、テレビや写真で見る限り、そのような人々の中に薄毛の人は見た記憶がないのです。
そうすると薄毛の原因は、他の原因の方が強いのではないかと思い始めたのです。
例えば食生活、例えばストレスが育毛の敵ではないかと思い始めたのです。
最初に始めたのは生活習慣の見直しでした。
今までは好きな時間に食べて時間を気にせずに眠るという生活を続けてきたのですが、休みの日であっても同じ時間に起床するようにしたのです。
食生活も大好きであったジャンクフードを控え、和食中心の食生活に変えました。
タバコも止めてアルコールも休肝日を作るようにしたのです。
生活習慣を変えたことが育毛にどんな効果を与えたのかは正直なところ良く分かりません。
しかしながら身体が健康になったのは事実です。
髪が生えてこない、又は薄毛であるという状態が病的な状態だとすると、頭髪以外の部分は生活習慣を改善することにより明らかに健康になったのです。
それが髪に悪い影響を与えるはずがありません。
生活習慣の改善と共に、いわゆる育毛を行ないました。
やたら効果の高い育毛剤に頼ることは止めて、ストレスを溜めないようにしたのです。
その効果は生活習慣を見直してから半年後に現れ始めました。
顔色が良くなってきたのと同時に頭皮の状態が良くなってきたのです。
もちろん、髪に合わせたシャンプーやリンスも併用していましたが、赤くつっぱっていたような頭皮がしっとりし始めたのです。
それを機に、まるで待っていたかのように産毛が生え始めたのです。
産毛はやがて太く成長し、気がつけばあれほど目立っていた地肌がほぼ見えなくなっていたのです。
産毛が成長するのと同時に、元からあった髪の毛も太くなっていたのでしょう。
細かった毛が太くなりその間に産毛が生えて地肌が目立たなくなったのです。
地肌の色や調子も改善されたことは言うまでもありません。
考えてみれば当たり前のことでした。
身体の状態が良くないのに、髪の毛が生える頭皮だけを改善しようとすることに無理があったのです。
身体全体が不健康であるのに、髪の毛だけを強い薬で元に戻そうと思っていたのです。
髪のケアに関する考え方自体を取り違えていたのです。
もっともどんな人にもこの方法が有効だとは言えません。
身体は不健康でも髪だけ生えてきたという人ももちろんいることでしょう。
それでも、不健康な身体でいるよりも、健康的な身体でいる方が良いに決まっています。
確かに少々遠回りで時間のかかる方法には違いありませんが、髪のケアにはまず、生活習慣を改善して体全体を健康にすることを考えてはどうでしょう。