みんなの育毛ラボ ~抜け毛・薄毛に最適な育毛方法~

みんなの育毛ラボ
menu menu
menu menu
menu menu
menu menu
画像

体質にあった育毛方法を探すことが大切

髪の毛を育てるのに効果的だとする効能を謳った育毛剤や養毛剤があります。
成分がどのように効果を発揮するのか、その成分は体質にあったものなのかの見極めが大切だと考えています。
私もテレビコマーシャルなどで宣伝しているものを使ってみても今ひとつ効果を実感できない事がありました。
人は選択したものを正しいと思いたい感情が強く、あまり効果を実感できていないものでも使い続けたり、愛着を持ってしまったりすることがあります。
私もヘアケアを実践し始めた頃は、効果に疑問を感じていたものでも、世間で評判な商品だからとか、しばらく使い続けてみないと効果がわからないのではないかと言い聞かせて、使い続けるといったことが多かったのです。
確かに、効果を実感するまである程度継続して商品を使ったりヘアケア法を続ける必要はあります。
しかし、一定期間の利用で効果が実感できなかった場合は育毛剤やシャンプーなどの変更を考えたり、ヘアケアのやり方を変えたりする必要もあるのではと考えています。
体質に合っていないのでは、頭皮がヒリヒリしたり炎症を起こしている気がする場合はすぐに使用を停止する必要があります。
私の友人はテレビのコマーシャルで盛んに宣伝されているノンシリコンのシャンプーが体質に合っていないのに使い続けて、皮膚科に通院することになりました。
効果が出るまで継続使用も必要ですが、体質に合っていない場合はやはり早期に使用を停止する必要があります。
友人のお世話になった皮膚科の先生によると、意外に体質に合っていないのではと感じながらシャンプーなどを使い続ける人は多いようです。
頭皮のコンディションは髪の毛があるのでわかりにくいということもあります。
軽い炎症程度ではよく観察してみないとわからないものです。
鏡で見てもわからないことが多いので、家族に頼んで頭皮を定期的に見てもらうことも大切です。
毎日見ていてもわからない変化も、他人の目からはわかるということもあります。
効果が高い成分はどうしても副作用が大きいというのが実情です。
私も育毛に効果的だと発毛剤をプレゼントされ試してみたのですが、頭皮がピリピリしてしまって使えませんでした。
効果的なものでも体質に合っていない場合は、使わないという選択をすることが大切です。
体質にあったヘアケアの方法を探す際には、事前にフローを作っておくことをおすすめします。
簡単なチェックリストでも構いません、体質に合っていない場合は使用をやめる、パッチテストは必ず行う、定期的に家族にチェックしてもらう、月に一度は写真で記録を残し変化を観察するなどのリストを作り毎日のルーティーンを最適化させ、育毛方法を探すパターンも作っておきます。
リストまで作らなくてもと思いがちですが、意外に人はすぐに例外を認めたがるものです。
事前に決まり事を作っておくことで、例外を作ることを抑制することができます。
育毛は長期戦になるので、効果があり体質に合っていて、毎日続けることができる育毛方法を探すことが大切です。
バランスよく気長にケアを続けられる体制作りがまず求められます。
私はできるだけ簡単なケアで続けられる育毛方法にすることを常に心がけています。
効果が高くてもすぐにトラブルが起こってしまう方法では意味がありません。