みんなの育毛ラボ ~抜け毛・薄毛に最適な育毛方法~

みんなの育毛ラボ
menu menu
menu menu
menu menu
menu menu
画像

育毛はヘアサイクルを考慮して根気強く続けよう

育毛は根気強く続けることが大切です。
髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、抜ける時期と生えてくる時期があります。
生えている髪の毛が抜ける時期というのは抜け毛が気になりますが、ヘアサイクルですから仕方ありません。
ヘアサイクルが乱れていると、成長過程にある髪の毛のほうまで育ちきらずに抜けてしまいます。
ヘアサイクルが整うまでは、抜ける時期がきた髪の毛と、ヘアサイクルの乱れによる早めに抜けてしまう髪の毛の両方がありますから抜け毛が気になってきます。
しかし、そこでいちいち落ち込んでいるとストレスが溜まります。
ストレスが溜まると育毛に良くありません。
抜けたものは戻りません。
そこはスッキリ諦めたほうがよいです。
次の新しい髪の毛に意識を向けたほうがよいです。
髪の毛をキチンと育てるためには、体の内側からのアプローチも大切です。
しっかりと栄養を取らなければ髪の毛を作ることはできません。
栄養をとるといっても、肉など脂っぽいものをとっても逆効果です。
バランスよく栄養をとる必要がありますし、頭皮のケアも大切ですから毛穴が脂で詰まっても困ります。
バランスよく食事をとるのと共に、サプリメントなどで効率よく栄養を補っておくとよいです。
頭皮の環境を整えることも大切ですが、育毛剤とシャンプーだけでケアが完璧かというとそうではありません。
生活習慣など生活全般が関係してきます。
髪の毛のことを真剣に考えているのなら、生活全般を見直してみたほうがよいです。
意外な部分が影響していることもありますし、タイミングを変えるだけでも効果が出ることもあります。
例えば洗髪ですが、就寝前に行ったほうがよいです。
髪の毛は寝ている間に作られます。
頭皮をスッキリ綺麗にした状態で寝たほうが髪の毛は育ちやすくなります。
スッキリした頭皮に育毛剤をつけて気持ちよく睡眠を取ることで効果的に髪の毛を育てることができます。
朝シャンは損です。
でも、知らなければしてしまいがちなことです。
朝シャンにすると寝ている間は頭皮が汚れた状態ですし、お出かけ前の忙しいときにシャンプーをするとすすぎ残しなどが起きやすいです。
就寝前に丁寧にシャンプーをして寝たほうが髪の毛には良いです。
睡眠をしっかりとることも大切です。
できれば夜の十時から翌日午前二時の間に睡眠をとれると効果的です。
この時間帯は、髪の毛や肌によい成長ホルモンの分泌が活発になるなど、この時間帯に寝ておくことでお得になります。
仕事の関係などがあれば仕方ないですが、ムダにこの時間帯に起きているよりは、寝ておいたほうが髪の毛のためです。
育毛は根気強く続けることが必要ですから、薄毛が気になるような髪型を避けるなどヘアスタイルにも工夫するとよいです。
ヘアサイクルで髪の毛が抜ける時期があるのは仕方ないと分かっていても、見た目に薄く見えると精神的に落ち込みます。
美容室などで相談して、なるべく目立たないヘアスタイルにしておくことで、ストレスを軽減することができます。
ストレスも育毛にはよくありません。
自分が気分よく過ごせるように工夫することも必要です。
ヘアブラシやタオル、枕カバーなど髪や地肌に触れるものを衛生的に保つことも大切です。
環境を整えた上で、根気強く育毛を続けるとよいです。